スタッフブログ

2017.10.01

祖母と幻想庭園

ネットリンクス㈱ 實成

 8月26日に家族と私の母、それに祖母と叔父の8人で後楽園の幻想庭園へ行ってきた。8月も終盤となり、子ども達の夏休みももう少しということで、母が津山から我が家に泊まりに来るというので、祖母と叔父を誘って行くことになったというのが経緯だ。祖母の家は中区浜にあり、後楽園までは十分歩いて行ける距離。高齢な祖母だが、今でも元気で、日頃は自転車で移動しているらしい。

 私が小学生のころ、当時は北区兵団に住んでいた。祖母の家までは約3キロの距離だがよく歩いて遊びに行っていた。目的は、当時叔父が持っていたゲームをやりたかったからなのだが、いつ行っても祖母はニコニコして迎えてくれた。叱る時はきちっと叱ってくれたが、それ以外は常にニコニコして「よく来たね。うんうん、のど乾いてない?おやつ食べる?」などトークはいつもマシンガンだった。

 今でも祖母は当時から変わっておらず、私が顔を見せた時、子ども達を連れて行った時も「よく来たね。うんうん、大きくなったね~。何年生ですか」など相変わらずのマシンガンだ。昔は少し鬱陶しかった口調も、今子ども達に言っている姿を見ると愛らしく感じる。

 幻想庭園は多くの人で賑わっていたが、昼間見る後楽園とは違い、その名の通り幻想的な雰囲気を醸し出していたが、ちょっと人が多すぎた。1時間程度みんなで見て回り、再び歩いて帰ったが、その間も祖母はニコニコしていて、とても楽しそうだった。祖母と一緒にどこかに行くおばあちゃんことがこれから後何度あるのだろう。今の家から祖母の家まで約3キロ。以前叔父に「たまには顔を見せてあげて」と言われたことがある。近いのだからもっと私の顔、ひ孫の顔を見せに、そして見に行こうと感じさせてくれる幻想庭園だった。

Copyright (C) あさひ合同会計グループ All Rights Reserved.