ちょっと気になる経理処理

2017.01.01

どっちがお得?医療費控除とスイッチOTC薬控除

 個人の確定申告における医療費控除の特例として、セルフメディケーション税制(スイッチOTC薬控除)が創設されました。従来の医療費控除との併用はできず、平成29年1月1日から5年間、有利な方をご自身で選択することになります。

セルフメディケーション税制(スイッチOTC薬控除)とは?
 自分や同一生計の家族の為に、特定成分を含んだ OTC 医薬品(いわゆるスイッチ OTC 医薬品)の購入
 をした場合、その年中に支払った合計額が1万2千円を超えるときは、その超える部分の金額(上限:8
 万8千円)について、その年分の 総所得金額等から控除する制度です。

申告時の注意
 健康の維持増進および疾病の予防への取り組みとして、特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診
 査、がん検診のいずれかを申告対象の1年間に受けていることが条件となっています。申告の際には、健
 康診断などを受けたことが証明できるもの(診断の結果通知書・予防接種の領収書等)を添付する必要が
 あります。

対象の医薬品は?
 医師が処方する医療用医薬品からドラッグストア等で購入できるOTC医薬品に転用された医薬品が対象で
 す。厚生労働省のHPに掲載しているほか、この税制の対象である旨を示す識別マークが製品パッケージに
 表示されている場合があります。まずは購入したスイッチOTC医薬品が対象かどうか確認してみて下さ
 い。レシート(領収書)に対象商品である旨が記載されている場合もあります。

 ただし、購入した際には対象となっていなくても、申告までにOTC医薬品と認定されていれば、対象とな りますので注意して下さい。

医療費控除とスイッチOTC薬控除はどっちがお得?
【例1】一年間に医療機関で使った医療費が15万円、市販で購入した控除対象の医薬品が6万円の場合  
医療費控除    ・・・ 210,000‐100,000=110,000セルフメディケーション     
↓対象マーク 
スイッチOTC薬控除・・・  60,000‐ 12,000= 48,000
→医療費控除を使った方が62,000円多く控除できます。

【例2】一年間に医療機関で使った医療費が7万円、市販で購入した控除対象の医薬品が6万円の場合    医療費控除    ・・・ 130,000‐100,000=30,000
スイッチOTC薬控除・・・  60,000‐ 12,000=48,000
→スイッチOTC控除を使った方が18,000円多く控除できます。

 普段、医療機関を利用せず市販薬で済ませている方は、今回の制度を使える可能性があります。利用できるかどうかはその年が終わってみないと分かりませんが、今年からは、普段捨ててしまっている市販薬を購入したレシート(領収書)を1年間ためてみて下さい。

Copyright (C) あさひ合同会計グループ All Rights Reserved.