岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > ニュース&トピックス > リース取引にかかる税制改正のポイント 【第2回:消費税について】

リース取引にかかる税制改正のポイント
【第2回:消費税について】

前回、リース取引にかかる税制改正の概要と法人税法上の取扱について解説しました。そこで触れましたが、会計処理の方法が2種類あります。「リース期間定額法」を使って売買処理する方法(1)と、今までどおり賃借料等の科目で処理する方法(2)です。そう考えると、今までどおりの処理(2)で良いかと思われるでしょうが、消費税において重要な改正があるので注意が必要です。

リース取引にかかる消費税の取扱いの改正

消費税は、売買取引で資産を取得した場合、「その引渡しを受けた日の属する課税期間」に課税仕入れとなります。前回「リース資産が賃貸人から賃借人に引渡された時に、そのリース資産の売買があったものとする」という話をしました。つまり、リース契約=売買取引となりますので、契約時(厳密にはリース資産が引き渡された日)にそのリース資産にかかる消費税の全額を計上する必要があるのです。また、リース料に含まれている利息相当額については、契約において金額が明示されていない場合は、全額課税仕入れとなります。

リース取引にかかる消費税の仕訳

前回、法人税についてリース取引の仕訳方法が2種類あることを説明しましたが、それぞれの方法で、消費税をどのように処理するのか見てみましょう。

(1) 売買処理した場合

【仕訳例】 リース資産総額が60,000で60回払いとした場合

■リース取引時 リース資産 60,000 リース債務 63,000
  仮払消費税 3,000    
  ※この時点で消費税を全額計上します。

■リース料支払時 リース債務 1,050 現預金等 1,050
  ※支払時に消費税は経常しません。

(2) 賃借料として処理した場合

【仕訳例】 リース資産総額が60,000で60回払いとした場合

■リース取引時 仮払消費税 3,000 未払金等 3,000
  ※この時点で消費税のみを全額計上します。

■リース料支払時 賃借料等 1,000 現預金等 1,050
  未払金等 50    
  ※支払時には課税対象外取引となります。

既存のリース資産にかかる消費税

平成20年3月31日までに契約したリース取引については、従来どおりリース料を支払った課税期間において、リース料に係る消費税額を計上してかまいません。

※つまり平成20年4月1日以降に契約したリース取引について注意が必要です。

お問い合わせ

担当者

株式会社あさひ合同会計

電話

086-226-5566

メール

お問い合わせフォームをご利用ください

このページのトップに戻る

※ Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識