岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > ニュース&トピックス > リース取引にかかる税制改正のポイント 【第1回:法人税について】

リース取引にかかる税制改正のポイント
【第1回:法人税について】

平成20年4月からリース取引にかかる税制が改正されました。今回の改正は、そもそも企業会計(会計基準:企業会計基準委員会などが定めるもので法律ではありません。適用されるのは、監査法人の監査を受ける企業などです。)が、国際会計基準に合わせようということで改正されたため、税制もこれを契機として改正されました。その税制改正のポイントを2回に分けて解説します。

法人税の改正事項とリース取引の種類

原則、法人がリース取引を行った場合には、そのリース取引の目的となる資産(以下「リース資産」と呼ぶ)が賃貸人から賃借人に引渡された時にそのリース資産の売買があったものとして、所得金額を計算することとなりました。

リース取引の種類 改正前 改正後
ファイナンス・リース取引 所有権移転リース取引 売買処理 売買処理
所有権移転外リース取引 賃貸借処理 売買処理
オペレーティング・リース取引 賃貸借処理 賃貸借処理

上記の表のとおり、今回の改正の対象は、所有権移転外リース取引です。日本のリースはほとんどこれに該当します。詳しくはリース会社等に確認しましょう。

適用時期

平成20年4月1日以後に締結したリース契約から適用されます。

リース資産の減価償却

【1】原則:売買処理した場合(リース期間定額法)

取得価額は、原則リース料総額です。ただし、リース料総額のうち利息相当額を合理的に区分することができる場合は、そのリース料総額から利息相当額を控除できます。

【2】賃借料として処理した場合

売買があったものとされたリース資産につき、今までどおり賃借料等の費目で経費処理しても、償却費として計上したものとみなされます。

※【2】今までどおりの処理で良いかと思われるでしょうが、消費税において重要な変更があるため、安易に選択はできません。消費税については、次回解説します。

このページのトップに戻る

お問い合わせ

担当者

株式会社あさひ合同会計

電話

086-226-5566

メール

お問い合わせフォームをご利用ください

このページのトップに戻る

※ Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識