岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > ちょっと気になる経理処理 > 第11弾 平成23年度以降の扶養控除  

第11弾 平成23年度以降の扶養控除     

 子ども手当の創設、高校実質無償化により、扶養控除の見直しがされました。
それに伴い扶養親族等の数の求め方が変更になり、平成23年分以降の所得税(給与等に対する源泉所得税については、平成23年1月1日以後支払うべき給与等)について適用されます。給与計算で税額を算出する際に関わってきますので、ここで確認してみましょう。

まず、大きく変わる点は年齢16歳未満の扶養親族に対する扶養控除が廃止されました。
年末調整の書類も届き、準備に取り掛かっている方も多いと思いますが、平成23年度分の扶養控除申告書より様式が変わっており、上側の扶養控除欄には控除対象扶養親族となる16歳以上を記載するようになっています。下側の住民税に関する事項については、個人住民税の算定等の際に使用するため、年齢16歳未満の扶養親族を記載します。

そして、源泉徴収税額を計算する際に扶養親族の数により税額が異なりますが、16歳未満の扶養親族に対する扶養控除が廃止されたことにより、この扶養親族等の数の求め方が変更になります。16歳未満の扶養親族がいる方は税額が変わる可能性があるので注意が必要です。


扶養親族等の数の求め方


 

 


扶養親族等の数というのは、控除対象配偶者(又は老人控除対象配偶者)と控除対象扶養親族(老人扶養親族又は特定扶養親族を含みます)の合計数をいいますが、本人が障害者(特別障害者を含みます)、寡婦(特別の寡婦を含みます)、寡夫又は勤労学生に該当するときには、該当するごとに扶養親族等の数に1人を加えた数を、また、その人の控除対象配偶者や扶養親族(年齢16歳未満の人を含みます)のうちに障害者(特別障害者を含みます)又は同居特別障害者に該当する人がいるときにも、扶養親族等の数に1人を加えた数を、それぞれ扶養親族等の数とします。

上の図でいうA・B・Cの欄に記載する人数の合計人数が扶養親族等の数になります。

以上の5点の確認をしてみましょう。チラッと見ただけでは将来、思わぬ損をしかねないので、
今回こそしっかり内容をチェックし、加入記録に間違いがないかを確認しましょう。



 

お問い合わせ

担当者

株式会社あさひ合同会計 税法研究会

電話

086-226-5566

メール

お問い合わせフォームをご利用ください

このページのトップに戻る

※ Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識