岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > コラム >「茹でガエル」前田 洋一

「茹でガエル」

 業況の悪化している業種に属する中小企業者を支援するための措置として、6年前からセーフティーネットという借入保証制度が出来ている。あるクライアントから、今年の4月に認定基準が変更になり、今認定を受けている業種ではこの制度が使えないかもしれないという連絡を受けた。調べてみると、この会社がもともと営んでいた業種は確かに認定業種から外れたようだが、今現在営んでいる業種は認定業者として残っていた。業種の認定は実質ではなく、法人税の申告書に記載されている業種で判断するらしい。もともとの業種が認定から外れたことは運が悪いとしか言いようがないが、業種が変わっていることに気付かず、従前の業種を記載していた我々のミスも大きい。結局は、融資を受けることができてホッとしたが反省するべき出来事だった。主業種が変わることなど、今まではさほど意識したことが無かったが、これからの時代には良くあることかもしれない。

 ネットリンクスでは、毎年、金融機関が主催のビジネス交流会に出展している。今年も例年通り出展をし、会場を回ってみた。知り合いのブースを訪ねて歩いていてふとあることに気が付いた。総合建設業の会社は水素水を作る器械を、楽器運搬の会社は不用品引取業として、小物の工具を扱う会社は電飾看板を、印刷業の会社はユニバーサルデザインのコンサルティングを、それぞれ出展していた。従来の業種とは異なる商品・サービスを扱おうとしている。みんな変化についていこうと一生懸命だ。それに対して、自社のブースは3年前に出展したものと同じ勤怠管理ソフトの出展を行っていた。新商品開発を怠っていたわけではないが、愕然とする出来事だった。

 今年の4月に会社のキャラクターに「跳躍するカエル」を採用した。あさひ合同会計グループのスローガンである「one step beyond 〜一歩前へ!〜」を超えた「より高いところを目指す!」をコンセプトに、「カエル」のようにホップ・ステップ・ジャンプと成長し続ける会社であること。さらに、自身の成長を図るだけでなく、周囲に良い刺激を与え、ともに切磋琢磨し、互いの成長に繋がるような関係をお客様と築いていきたいと願ってのものだ。
「茹でガエル」という言葉がある。水の中に入れられた「カエル」はそのまま茹でられても、水温の変化に気づかず茹であがってしまうというお話。「跳躍するカエル」には、「茹でガエル」にならないように、時代の変化をいち早く感じとり、迅速に変化に対応し続ける会社でありたいという願いも込めた。

 過去の経験や慣習が通用しない世の中になっている。現状を全て見直し、これからの時代に合っているのかどうかを見極めることが必要だ。来年のビジネス交流会にはどんな出展ができるだろう。あっと驚くような新商品の展示ができるよう努力していきたい。

平成25年12月 
前田 洋一

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ケの随筆総務カレンダー豆知識