岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > コラム >「明日は明日の風が吹く」今田 泉美

「明日は明日の風が吹く」今田 泉美

 今年のお正月休みに、森光子さんの『人生はロングラン 私の履歴書』(日本経済新聞出版社)を読み返した。

 平成19年12月、日経新聞の「私の履歴書」に連載され、多くの方が読まれたのではないだろうか。私も毎朝続きを読むのがとても楽しみで、この連載記事をすべて切り抜いて、何度も読み、意味をかみしめた。その後すぐに、新聞連載には省かれていた話をたくさん追加され、この本が出版された。昨年、森さんご本人がお亡くなりになられたので、改めて読み返してみたくなった。

 新聞に連載されていた当時、森さんは87歳。まだ女優として現役で、『放浪記』の上演回数記録を更新されていた。次の舞台でも、森さんがでんぐり返しをするかどうか、たびたびマスコミの話題にのぼるほどだった。舞台のために、ヒンズースクワットを毎日150回こなし、体を鍛えていらっしゃる様子をテレビで拝見し、その強靭な精神力に衝撃を受けたことがある。年齢を重ねるほどに魅力的で、目の離せない存在となり、こんな風に年を重ねていけたらいいなと思った。

 この自伝は、昭和天皇即位の御大典の記憶から始まる。いかに長い人生の道のりを経て、その場所にたどり着いたのかを思い知らされる。戦争を経験し、結核などの重い病も克服し、41歳で初めて『放浪記』の主演をいただけたこと。そして、それからさらに50年近くも演じ続けていらっしゃったことなどを読むと、まだ50年も生きていない私の悩みなど、なんてちっぽけなことかと思えてくる。

 「世の中に浮き沈みはつきものです。このごろは将来を悲観される方がとてもたくさんいらっしゃいます。それでも戦争で塗りつぶされたあの時代と比べれば、どれほどよいでしょうか。(中略)
 林 芙美子という方は失敗してもなにも後悔しませんでした。私も同じです。明日になれば、明日の風が吹きます。明日を生きましょう! (本文より) 」
 これが、人生90年生き抜いてきた人の最後のメッセージ。なんと深みのある言葉だろう。
 何があっても、「どっちに転んでもだいじょうぶ。明日は明日の風が吹く。」という心持で、自分の腹をくくれるかどうか。どんなに行き詰っても、前向きに開き直れる強さを身につけられるかどうか。それができれば、この先どんな試練を頂戴しても、乗り越えていけるのではないかと思う。

 改めて読み返してみて、森さんへの感謝の気持ちとともに、この連載を読んでは、しぼんでしまいそうな勇気を奮い立たせていた5年前の私を、少しばかり懐かしく振り返ってみることができた。
 私は今年で48歳になる。92歳で亡くなられた森さんの道のりと比べたら、まだまだ、道は半ばだろう。激動の時代を、最後まで力強く生き抜いた姿は、これからも私のお手本だ。

 こんな風にしなやかに、しなやかに、明日を生きていこう。 


平成25年2月 今田 泉美

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識