岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > コラム >「私の書斎」 燒リ 正男

「私の書斎」 燒リ 正男

私には、集中して考え事をすることができる場所が二か所ある。
一つは、前の所長奥山 ケ(きよし)が残してくれた「所長室」で、二つ目は、「岡山県立図書館二階閲覧スペース」である。


私の普段のフィールドは、4階の事務所入口を入ってすぐの自分の席か、巡回先の会社・事務所・店・工場・診療所などである。お客様の前では話すのが仕事で、持っている情報を提供する。事務所の自分の席でも、たくさんの相談を捌いていく。
人と接している時とその準備をしている時はアウトプットしている時間で、私の仕事の売上につながっている。それ以外の時間がインプット(仕入)に充てられることになる。物の販売と違い同じ仕入で何度かの売上に対応することはできるが、やはり新鮮で役に立つ仕入がなくては良い売上に結びつかない。従って仕入が重要になるのだが、普段の意識しない仕入は、朝起きてから夜寝るまで、食事中もトイレもお風呂の時間までも充てられる。様々な情報の収集や勉強、色々な経験もすべてが仕入である。たいていは材料を見てすぐに反応し、言葉にしたり文章にしたりして商品化している。 しかし、良質な商品を提供するためには意識した仕入の時間が必要になる。そのために私は普段と違う「集中して考え事をする場所」を用意する。


まずは所長室。ここは通常わが社では応接室として利用している。特別な方の来訪があったとき以外にも、来所される方を迎える場所が不足したときでも使われている。私が所長室として使うには大きすぎて初めはなかなか利用することができなかった。やっと近頃になって大切なことを集中して考えたり、勉強したりするのに使えるようになってきた。ここで過ごす時間が、もう少し長くなれば真の所長社長の仕事ができるようになってきているのかなあ、と思っている。ただし入り浸るようになったら私でなくなる気もする。


次に岡山県立図書館。私の母校である丸之内中学校の校舎跡地に県立図書館ができてもう8年が経つ。母校の廃校は当時寂しかったが、入館者数や貸出冊数が全国トップになるなど有用な場所として生まれ変わったこの図書館は、開館直後から蔵書も雰囲気も気に入っている。本を読み資料に目を通し、考えにふける。考えをまとめ、文章にするのに最高の場所と思っている。ここは私にとって情報を取得するよりも非日常に身を置いて現状を見つめ直して頭を整理し、将来を考えまとめるのに適した場所と位置付けている。


二か所ともまだまだ使う頻度が不定期で思い立った時に利用している状態であるが、区別がはっきりして定期的に利用して、お客様の役に立つ仕入がいつもできるように努力していきたいと思う。



平成24年4月 燒リ 正男

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ケの随筆総務カレンダー豆知識