岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > コラム >「祈り」 前田 洋一

「祈り」 前田 洋一

 友人が癌と戦っている。

 昨年の夏、いつも誰にでも明るく接している彼から癌の告白を受けた。闘病中の所得税の扶養の事や医療費控除の事が気になって、私を相談相手に選んだらしい。
 ゴルフをしていると、突然腹部に張りを覚え放屁もできなくなって病院に行ったら、即日、大腸ガンと診断され、すぐに開腹手術。目に見えるガン細胞はすべて取り除いたが、ガンの種類は悪性度の高い低分化型腺癌だとわかった。転移の可能性が高いため、その日から抗がん剤治療が始まった。私が相談を受けたのは、ちょうどそのころのこと。
 いつものように明るい笑顔で病状を説明してくれた彼の横には、もっと明るい笑顔で相づちを打つ奥さんがいた。彼には中学生の一人娘がいる。彼が、娘さんに病気のことを告白した時、笑顔でこう言われたらしい。「そんなこと前から知っとるよ。だってパソコンのお気に入りは大腸がんのサイトばっかりじゃが。大丈夫じゃわ。お父さんは死なんと思うよ。」と。彼は絶対に死なない。私も娘さんと同じ考えだ。

 彼の職業はバーの経営。抗がん剤治療を進めながらも、お客さんに病気の事は気づかれないように営業を続けた。彼の店に行くと、知らない客同士でもすぐに仲良くなるような雰囲気があり、楽しい時間を過ごすことができた。彼はこの仕事が大好きだと言っていた。

 仕事が嫌いだという人がいる。イヤな仕事もあれば楽しくない仕事もあるだろう。人間関係で悩むこともある。
 だけど、仕事の本質は「人に喜ばれること。」だ。人に喜ばれることが嫌いな人はいない。という事は仕事を嫌いな人はいないはず。という三段論法を先日、尊敬している方から教わった。
 楽しく仕事をしたいと思うなら、自分がどのような行動をすれば他人が喜んでくれるかという事だけを考えて行動すればいい。ということ。

 今年の春、彼のガンの肝臓への転移が見つかり二度目の開腹手術のため、彼のバーは休業となった。彼は友人やお客さんに自分の病気をカミングアウトした。多くの人々が彼の完治とお店の復活を心から祈り、彼の店が休業していることを悲しんだ。彼も彼の店も多くの人に愛されていた。彼はお店に来る人みんなに、人と会話をする楽しみや、寂しさを紛らすという喜びを与えていた。だからこそ、仕事が大好きだと言えたのだろう。

 この冬、彼のバーが復活する。今後は休業も再発もすることなく過ごしてもらいたい。
明るくて強い彼の家族と、喜びを与えてもらった多くの人たちが彼を応援している。 

 

平成24年12月 前田 洋一

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識