岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > 奥山ユの随筆 > 落ち着き

『落ち着き』

日常の生活で何が大切かと言って、心の落ち着きほど大切なものはない。心が落ち着いてさえいれば、後は大した問題はない。良い暮らしをするためのそれは出発点である。

心が落ち着きを失うとき、例えば、身の置き所のないような肉体的な苦痛や不快を感じる、また 上擦ってしまい不安感恐怖にさいなまれる。これ程つらいことはない。 心の落ち着きをいつでも確保できるその方法を体得する位重要な ことはない。

「心が落ち着いている、心が落ち着いている、と繰り返し唱える。
 呼吸を整える。深く静かな呼吸をする。
 息を数える。一、二、三・・・・・三十まで。
 光を感じるように努める。冬の朝の赤みのある陽射し。
 風の音を聴く。身を切るように冷たい空気だが風はなく梢は動かない。
 鳥の声を探す。季節の移ろいをたどってみる。」

そうしているうちに心がどっしりとして来る。心が清透になる。心の静謐さほど、貴いものはない。反対に、心に怖れ、おののき不安があること程、いまいましいことはない。

何物に対する時も心落ち着けて対したい。
神社へ参拝する。今まで以上に心を込めてお祈りをしよう。
一枚の絵を鑑賞する。絵の前で長い時間立ち尽くす。
新聞を読む。斜め読みでなく丁寧に読もう。
粗雑にはしない。私という軸を決して動かさない。

仕事をする時も、人と会う時も、その覚悟を忘れないで、慌てず、 上擦らず、一呼吸置きながら、決して心の落ち着きを失わない ように、習練しなければならない。

居間のソファの定位置で、暇さえあれば庭の花水木の木を眺める。夏の深い緑の葉が次第に色づき、やがて一枚一枚と落葉し、裸木となり、又、芽が膨らんでくる。飽きることなく私は眺める。ベッドに横座りして、軽い雑誌を広げたり、放心する。ベッドから西の空が見える。夕焼けを楽しめる。

そこに座れば心の落ち着く場所を持っている。又、愛読書があって、その本さえ読めば落ち着ける。好きな音楽があって、その音楽を聴けば心が和む。心落ち着くものがいくつかある。それは幸せなことである。しかし、もっと望ましい幸せがある。どこに居ても、全ての場所が居心地が良く、心落ち着く。全ての所、全ての時、世界と調和していられる。それこそが最大の幸せである。

奥山ユ

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識