岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ >「未完成の鉄のフライパン」妹尾 健太郎

「未完成の鉄のフライパン」

 最近は鉄のフライパンを使用する家庭はめっきり減りましたが、私は少し前から鉄のフライパンにはまっています。友人の結婚式の引き出物カタログで、長く使えるものにしたいと思い、安易に選んだことが始まりです。初めて使用してから、その鉄のフライパンの圧倒的なパフォーマンスに虜になってしまいました。
 鉄のフライパンは@高火力に強いA丈夫B鉄分が摂取できるCお店の味が再現できる!という特徴があります。特にCは強くお勧めする理由でもあります。

 さて、タイトルの「未完成の」について。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、鉄のフライパンというものは、購入時は“未完成”なんです。これが、私が虜になった一番の要因でもあります。中華料理屋で見かける黒ずんだフライパンは何度も使用し、手入れしてきたことで表面に油で出来た、通称“プロ膜”というものが出来上がっています。ここに到達すると、いわゆる完成となり、鉄のフライパン料理が本当に楽しく・おいしくなるのです。
  しかし、購入時は単なる鉄板であるばかりか、商品の見栄えを良くするために防錆処理まで施してあり、全く使い物になりません。これを、空焚き⇒たわし⇒空焚き⇒油慣らしといった手順を踏むことでやっと、少し使えるようになるのです。これでもプロ膜までにはまだまだです。せっかく購入したのに未完成…。こんな商品は野球のグローブくらいしか思いつきませんね。
 ただ、人が熱中するものって基本的には最初は未完成なんだろうと思います。勉強・子育て・趣味こういったものは全部ゼロからのスタートです。だからこそ楽しいのです。これからも多くのことに成長の喜びを感じていきたいと思います。

平成28年11月
妹尾 健太郎

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で軍師官兵衛
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ケの随筆総務カレンダー豆知識