岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ > 「あまちゃん談」古川 達也

「あまちゃん談」

 今年の春から9月までの私のイチ押しは、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」でした。連続テレビ小説なんておばあさんや主婦の方のためのモノで、いい年をした出勤前のオヤジが見るなんてと、信じていた私が月〜土曜日の毎朝の15分間を何よりも楽しみにし、早出のときは録画までして…、と、完全にハマリました。「あまちゃん」はメディアにも数多く取り上げられ、社会現象も起こしたので、ご存知の方も多いと思います。地味で協調性のない東京の女子高生天野アキが、母の故郷の岩手県北三陸で人気アイドルとなる姿を描く前半、アキが東京に戻り全国区アイドルを目指して苦労し成長するという中盤、主演映画の封切直後に東日本大震災が発生、その後を描く終盤という構成なのですが、ドラマの大枠よりも、脇役の小泉今日子や薬師丸ひろ子と一緒に大人になったとの思いと、重要性の全くない些事な演出にアブナイ喜びを感じ、やめられなくなりました。民放の『劇的ビフォーアフター』の楽曲使用や言い回し、小泉今日子主演の昔のドラマから引用した「薄汚いシンデレラの娘」というセリフなど、これ知ってる?というような、おおよそNHKばなれした脚本がとてもうれしかったのです。

 9月分の放送から東日本大震災編になりました。大地震が来る日と後の津波被害などを知ったうえでのその日の到来は、本当に息苦しくなりました。昭和以来、正座してテレビを見るようなことは無かったのですが、やってしまいました。私ですらこんな状況でしたから、被災地の方々は、どのような思いだったでしょうか。今の私には、被害にあわれた皆さんが、立ち直られるのに要する時間を想像できません。ドラマも重く沈滞した描写が多く、半沢直樹の倍返しに心を奪われたりもしました。

 これを書いている現在、まだ最終回の落としどころがわかっていません。少しでも明るい未来が開けるようなドラマであって欲しいと心より願っています。私も、キョンキョンや薬師丸ひろ子には、まだまだ負けてられません。

平成25年10月
古川 達也 

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ケの随筆総務カレンダー豆知識