岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ > 「高梁紅茶」松尾 祐子

「高梁紅茶」

 みなさまは高梁紅茶をご存じでしょうか。岡山県高梁市の山間部にある宇治・松原地区で作られた和紅茶で、渋みがなくすっきりとした味わいが大きな特徴です。私もはじめて高梁紅茶を飲んだ時には、思わず「渋くない」とつぶやいてしまうほどでした。この紅茶は以前、テレビ番組「人生の楽園」で取り上げられ、高梁のひそかな人気商品となっています。

 そもそも紅茶は緑茶などと同じ茶葉から生まれるそうで、茶葉を刈り取った後、蒸して発酵を抑えたものが緑茶、茶葉をすぐに蒸すのではなく、1日干して水分を取り除き、もむ作業を経て発酵させるのが紅茶だそうです。高梁はもともと緑茶の産地で、緑茶では使えない茶葉をなんとか利用したいという思いから、紅茶づくりがはじまったそうです。

 はじめに高梁紅茶は「和紅茶」とお話ししました。紅茶と聞くと中国やインド、スリランカ産といった海外のものがほとんどで、洋菓子にあうイメージが強いのですが、高梁紅茶は国内産で、和菓子にも合います。そのため、国産で和菓子にも合う紅茶、和紅茶と呼ばれています。

 私が高梁紅茶と出会ったのは大学4年生の夏。講義で高梁に訪れたのがきっかけでした。人生ではじめてのお茶摘み・紅茶作りを体験させていただき、青空の下で、緑でいっぱいの茶畑に囲まれて、まだ若い生えたばかりの茶葉を摘むのがとても楽しく、私にとって忘れられない思い出になりました。また、その時にお世話になった元気で優しいご夫婦にとてもよくしていただき、素敵な出会いがあったことも、高梁紅茶が大好きになった理由のひとつになっています。

 味よし、人よし、価格よし。みなさまもぜひ一度高梁紅茶を飲んでみてください。そして、ぜひ、お茶摘みを体験してみてください。

平成25年8月
松尾 祐子 

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識