岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ > 「丹波町愛鼓会(たんばまちあいこかい)」岡山 悠(かなた)

「丹波町愛鼓会(たんばまちあいこかい)」

 私の故郷では毎年5 月の終わり頃に祭りが開催される。
"まいづる細川幽斎田辺城まつり"といい、今年の5 月に22 回目を迎え、私と同い年のまだまだ歴史の深くない祭りだ。田辺城跡を中心に広がる町内ごとにわかれ、大人も子供も決戦が終わり勝利を祝って市中を凱旋行列する、という設定で神輿をかつぎ、山車をひき、太鼓を叩いて練り歩く。
私の町内にも太鼓台があり、その叩き手の一人として祭りに参加していた。

 岡山に住むようになってからは祭りの日に雨が重なることも多く、私自身の都合がつかないこともあり、祭りに参加したのは、5 年ぶりのことだった。
昔ながらの出店や各町内の神輿や太鼓台、舞鶴のラストサムライと呼ばれる(?)りっぱな髷を結った男性、物心ついたときから聞き覚えのある司会の女性の声など、以前と変わらないものに思い出がこみあげてくるようだった。

 一方で、5 年前にはいなかったゆるキャラの"ゆうさいくん"が登場していたり、太鼓の叩き手の平均年齢があがり、祭りに参加する子供の数が少なくなっていたりと変化もたくさん感じられた。
個人的に、一番楽しみにしていたヒーローショーがなくなっていたのには、心に穴が開いたようだった。

 そんな変化の中でも一番大きな変化は、私が成年者になりお酒を飲めるようにな
ったことだったかもしれない。朝も早くから缶ビール片手にちょっとだけ気持ち良
くなりながら、近所の諸先輩方とワイワイさわぎ、果ては他の町内の誰ともわからな
い陽気なおじさんと交流し、手の皮がむけて血が出ようと腕が上がらなくなるまで太
鼓を叩き、祭りの醍醐味を味わい尽くしたその一時間後には、岡山にもどるための
電車に乗っているという嵐のような一日を過ごした。
 今度は11 月3 日の行事に太鼓台をだすらしく、また叩きに帰ろうと思う。


平成25年7月
岡山 悠 

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識