岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ > 「読書」柳川 一博 

「読書」柳川 一博 

 岡山に引っ越してきてから、めっきり本を読むことが少なくなりました。元来本を読むのは嫌いではない方、むしろ、家の本棚は妻に売ってきたらといわれるくらい一杯です。東京にいた頃は、満員電車に揺られながら家と会社の往復約2時間が、ほぼ毎日の読書時間でした。こちらに来てからは自転車通勤となり、家の中では元々読まなかったので、読書時間がほとんどなくなったのは当たり前です。

 私の読む本のカテゴリは大変偏っていて、9割歴史小説です。しかも中国史が圧倒的に多く、一番好きな作家はその中国史を得意としている宮城谷昌光氏です。氏の本はほぼ揃えているのですが、実は引っ越した頃買ったまま、最近まで読んでいないものもありました。たまたま朝礼で、普段あまり本を読まないが最近読み始めましたという人の話を聞いて、ふとその読んでいない本の存在を思い出しました。ちょうど最近、土日の昼前に娘のピアノレッスンが家で始まって、約1時間半程度テレビの前から追い出されるので、この時間を読書に充てようと思いました。読書ブランクはだいぶ長かったのですが、読み忘れていた本は4巻のシリーズにもかかわらず、すぐに読み終わりました。この毎週の日課は今でも続いていて良い習慣になったと思います。

 その後、現在も宮城谷氏が書き続けているシリーズを読み始めました。そのタイトルとは皆さんもよくご存じの「三国志」。氏がいつか題材にして書くといっていたビッグタイトルですが、正直「三国志演義」しか読んでいない人にはお勧めしません(演義すら読んでいない人には絶対お勧めしません)。なにせ三国志といえば、曹操や劉備が出てきてから始まるのが一般的ですが、現在読み終えた2巻の終わり頃に、子供としてやっと出てきました。現在文庫本で7巻まで出ているそうですが、どれだけの長編になるのかちょっと恐ろしい気もします。読み終える頃には、娘のピアノも格段に上達しているかもしれません。

平成24年10月
柳川 一博 

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識