岡山県岡山市の会計・税務のことならあさひ合同税理士法人へ。確定申告、年末調整、法人設立、IT化をサポートします。
岡山県岡山市北区表町1-7-15パークスクエアSHOWA4F TEL:086-226-5566 FAX:086-226-1802

トップ  リンク集  お問い合わせ

ホーム > スタッフブログ > 「奈良県の魅力」 西村 健太郎          

「奈良県の魅力」 


奈良県と言えば「東大寺」「興福寺」「法隆寺」「唐招提寺」「鹿せんべい」など等・・有名な観光地をあげると限りがありません。(鹿せんべいは場所ではないですが・・(笑))しかし何故か京都だけ「古都」というイメージがあり寂しい思いをしております。奈良県は、私の故郷ですので、今回は、奈良の魅力を少しお話させて頂きます。


去年は、平城京遷都1300年祭が開催され、大盛況のうちに終わりました。しかし、奈良の仏閣は、平城京から始まった訳ではなく、皆様がご存じの聖徳太子の法隆寺は飛鳥時代。その後、藤原京を経て平城京という時代が流れております。この間、約200年間、都が奈良に存在しておりました。今の奈良県にある仏閣・神社のほとんどは、この200年間に作られております。ただ分かりづらいのは、いつの時代の仏閣なのか・・。大きく分けると、飛鳥時代と平城京時代。この二つに分かれております。


飛鳥時代は、法隆寺 薬師寺(現在の薬師寺は、平城京時代に移された)飛鳥寺。
平城京時代は、東大寺 唐招提寺 興福寺。
その時々の時代背景(文化)を考えながら、奈良の仏閣回りをするときっと今までとは違った観光が出来ると思います。平安京ほど、華やかさはないものの、落ち着いた雰囲気の仏閣が多いのが特徴かなと個人的に感じております。(観光客が少ないので落ち着いている?)平安京とは違った趣を醸し出す、「古都奈良」へ再び訪れてみてはいかがでしょうか?


最後に余談ですが、奈良県は、仏閣が広範囲に建立されておりますので、仏閣周りの際は、タクシーやレンタサイクルで回ることをお勧めします。(笑)

 


平成23年10月
  西村 健太郎

このページのトップに戻る

公開セミナー
年間を通じて、数多くのセミナーを開催しております。
新着セミナー
開催レポート
カテゴリ別で見る
サービス内容
トピックス
ITを活用してコスト削減、売上増を目指す!
歯科だより
ちょっと気になる経理処理
いざ相続
コラム
総務カレンダー
豆知識
春を待つ
春を待つ
Adobe Reader
トップページ公開セミナーサービス内容求人情報役員紹介会社概要リンク集お問合わせ
Asahi Topics「いざ!」という時に役立つ相続税の知識奥山ユの随筆総務カレンダー豆知識